年金分割 ・ 年金切替

 

年金分割

婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産の分配

厚生年金(サラリーマンが給与天引きされる年金)については、婚姻期間に対応する期間の最大2分の1までを妻に分割することができます。共働きの場合(第2号被保険者)、夫の年金額が多ければ、婚姻期間中の厚生年金の合計額の2分の1を限度に、不足する年金額を分割することができます。

夫婦間で話し合いがついた場合、公正証書を作成した上で社会保険事務所へ請求しなければなりません。話し合いがつかない場合、裁判所へ調停を申立て、確定した証明書を添付して、社会保険事務所へ請求することになります。

また、サラリーマンの妻の場合(第3号被保険者)、平成20年4月以降の期間については夫との合意がなくても社会保険事務所へ請求することで年金を分割することができます(平成20年4月以降の離婚について)。ただし、平成20年4月以前の期間該当部分においては原則どおり、合意が必要となります。

なお、厚生年金の対象外である自営業の妻(第1号被保険者)は年金分割を利用することはできません。ご自身の年金を受給することになります。

年金切替

年金支払期間における手続

サラリーマンの妻の場合(第3号被保険者)、第1号被保険者に変更するため、市区町村役場の年金課へ「被保険者種別変更届」を提出し、以後、保険料を支払わなければなりません。ただし、就職しサラリーマンになった場合(第2号被保険者になった場合)、会社が手続しますので、特にご自身で手続する必要はありません。

これに対して、自営業の妻(第1号被保険者)や共働きの場合(第2号被保険者)は、原則として、特に手続をする必要はありません。

テンプレートのpondt