0120-250-235月-金/9:00-18:00
menu

夫婦関係の修復

離婚を回避するための話し合いの場を見つけましょう
ご相談いただいた方に、
離活チェックシート無料プレゼント中

本当に離婚すべきか否かの判断

離婚後の生活のイメージ

離婚をすると生活環境が大きく変わります。これからの生活費、将来設計、お子様の日常など、現在と離婚した後のギャップは許容範囲か、 許容範囲でなければギャップを埋められる代替手段はないかを考えましょう。
離婚した後の現実的な問題をあらかじめ長期的にイメージしておくことが離婚を後悔しないために必要な準備です。
専門的でわからないことがあれば専門家に相談しましょう。

気持ちとの比較

離婚した後の現実的な生活や将来設計をイメージできたら、離婚を考えるに至った経緯を今一度振り返りましょう。
気持ちが収まらず、冷静に振り返りにくい場合は、専門家や経験者に相談してみましょう。第三者に相談するだけでクールダウンできることもあります。
そして、離婚したい気持ちと離婚した後の現実的な生活や将来設計を比較してみましょう。その結果、離婚したい気持ちが収まれば、関係修復の方法を検討しましょう。
反対に、離婚したい気持ちが収まらなければ、離婚の生活を自分らしく生きる方法を専門家の力を借りて探っていきましょう。

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

夫婦関係修復の3つのポイント

Point1 夫婦での話し合い

気持ちを落ち着けた上で、もう一度話し合いましょう。 冷静になった上で改めてお互いの言い分をよく聞くことで、自分には見えていなかった相手の一面を発見して妥協点を見出せることもあります。 気持ちの切り替えが難しい場合には専門家などの第三者に立ち会っていただくことも検討しましょう。

Point2 専門家のカウンセリング

専門家は第三者が離活の原因を探り、心理的・法的なアドバイスをします。他の夫婦の事例を参考としたアドバイスをすることもありますので、 説得力があり、イメージもつくりやすいと言えます。また、第三者が夫婦それぞれの問題点を確認することで、夫婦がお互いのことを再度、理解することも可能です。

Point3 夫婦関係円満調整の調停

夫婦関係円満調整の調停は、夫婦関係を改善し、離婚を回避するために行われる家庭裁判所内での話し合いです。裁判官と調停委員と呼ばれる人が立ち会い、 話し合いが進みます。家庭裁判所という少しお堅い雰囲気の中での話し合いになりますので、夫婦だけでの話し合いより、冷静な話し合いができます。

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

夫婦関係の修復のサービス&料金

離活相談
離婚経験者や法律専門家が離活についてのご相談を承ります。
報酬詳しくはこちら
夫婦カウンセリング
夫婦からお話しを伺い、離婚経験者が自身の経験を踏まえ、心理面・法律面で整理します。
報酬1時間15,000円~(税別)
夫婦関係円満調停申立
裁判所で行う夫婦関係修復のための話し合いのための調停申立て手続きを司法書士が行います。
報酬50,000円(税別)(印紙代、切手代等の実費は別になります)

離活相談・専門家カウンセリング ご依頼後の流れ

夫婦関係円満調整調停 ご依頼後の流れ

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

このページの一番上に戻る