0120-250-235月-金/9:00-18:00
menu

ライフプラン

これからの生活と自己実現を両立させましょう。
ご相談いただいた方に、
離活チェックシート無料プレゼント中

ライフプランのメリット

離婚条件の主張材料

自分の働く予定やもらえる年金見込みが、生活費・子供の教育費など支出に足りなかった場合、財産分与や養育費が補填として必要になります。 ライフプランを策定しておくと、本当にいくら必要なのか把握できますので、離婚条件の主張が明確になります。 また、ライフプランは知名度も高いので、相手に対して説得力があり、自分の主張も理解してもらえやすくなります。

自分らしい生活を見つめ直すチャンス

ライフプランは、離婚後に思い描いた生活のイメージを実現するために、何が問題なのかを具体的に把握することができます。 自分らしい生活を実現するために必要なこととその必要な時期を明確にすることで、自分らしい生活を見つめ直すとともに、目標に向けた長期的な計画をたてることができます。

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

ライフプランについて考えるべき3つのステップ

Step1 家計の収支確認

まずは、今の家計を詳しく見直してみましょう。今の生活基準において、収入と支出がどうなっているのか、貯蓄がどのくらいできているのかを確認しましょう。
そして、離婚後の収入見込みと支出見込みに引き直して算出してみましょう。生活費や新たな住まいに関する費用以外に、 税金や社会保険料などの公的支出も計算する必要があります。ご不明な場合は専門家に相談しましょう。

Step2 ライフイベント

子の入学・就職・結婚、自分の定年・保険満期・年金受給年齢など、これからの人生において、収入や支出に大きな影響のあるイベントを書き出しましょう。 そして、イベントごとの必要な費用や収入の変化も算出しいく必要があります。年金受給額は年金の種類や年金加入期間によって大きく左右されますので、 年金事務所で年金記録を確認した上で計算する必要があります。ご不明な場合は専門家に相談しましょう。

Step3 キャッシュフロー

家計の見込みとライフイベントを組み合わせた収支表(キャッシュフロー)を作成しましょう。作成の結果、生活が成り立つか成り立たないかが確認できます。 この表を元に、自分がどのくらい働かなければならないのか、相手に対して財産分与の額や養育費をどう主張するのかを整理した上で離婚協議に臨みましょう。 場合によっては、各市町村の支援内容も確認しておきましょう。

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

ライフプランのサービス&料金

ライフプラン作成
ライフプランを作成します。
報酬30,000円(税別)~
ライフプラン相談
ライフプランに関する相談を承ります。
報酬30分5,000円(税別)~

ライフプラン ご依頼後の流れ

ご相談はこちらから
0120-250-235月-金/9:00-18:00

司法書士法人 行政書士法人 社会保険労務士法人 中央グループ

このページの一番上に戻る